« XPマシンにつないだプリンタをVISTAマシンからつかう | トップページ

VISTA PCがよみがえった

最近空き容量が厳しくなってきた dynabook CXW/47HWのHDDを思い切ってST750LX003 に乗せ変えてみました。

このHDD、7,200rpmの 750GBと容量が大きいのはもちろんですが、更にキャッシュとして SLCタイプの8GB SSDを内蔵しているという優れもの。1台しかHDDを積めないノートPCにはもってこいの仕様です。

スリープからの復帰や再起動が早くなることを期待して選んだのですが、これがすごい。リカバリでOSを入れなおしたおかげもあると思いますが、びっくりするほど起動が早くなりました。IEもさくさく起動します。
まだ1週間くらいしか使っていませんが、1万円くらいの投資でVISTA PCのもっさり感がなくなり、投資対満足度は抜群です。

ちなみにこのPCのHDDはノートPCの裏から外せるので交換もすごく楽チンでした。
プラスドライバーで、ノートPCの裏のHDDカバーのねじを2本外してカバーをあけるとすぐHDDが見えます。
HDDが金属板(放熱用?)にねじ止めされていて、この板がPCにねじ2本でねじ止めされているので外します。
HDDを金属板ごと外したら両面テープでつけられている金属板を新しいHDDに付け直して元に戻します。
あとは逆順でOK。10分もかかりません。

最近SSDも安くなりましたが、容量が多いものはまだまだ高い。容量アップ&起動の高速化を狙いたい方はぜひお試しを。


Seagate 2.5inch SATA 6Gb/s 750GB 7200rpm 32MB HDD+SSD(8GB SLC)ハイブリッド ST750LX003

|

« XPマシンにつないだプリンタをVISTAマシンからつかう | トップページ

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/539568/55264727

この記事へのトラックバック一覧です: VISTA PCがよみがえった:

« XPマシンにつないだプリンタをVISTAマシンからつかう | トップページ