« Angel Beats!で思うこと | トップページ | 竹本先生イラストのカードゲーム »

浮遊ゴマ/レビトロンで遊ぶ

LEVITRON CherryWoodを買いました。

内容物一式です。
THE STUDY ROOMで買ったのでこの他に日本語版の説明書がついてきました。
Pict4612

そしてこちらが組み立て後のマグネティックベースとプレートに載せたコマとコマのおもり。
マグネティックベースの足はネジ込み式になっていて、ベースの傾きを微調整できます。
おもりは金属製3g2個、1g3個、残りはプラスチック製で、赤0.4g2個、緑0.2g1個、黄0.1g2個。
黒いのは固定用のゴムです。
Pict4617

マグネティックベースの磁力はとても強く、10cm以上離した場所においたコマが机の上を滑ってくっつきにいきます。

プレートをひっくり返すと台になっています。マグネティックベースの上にプレートを載せ、この上でコマを回したら徐々にプレートを持ち上げていってコマがぎりぎり浮く程度に重りの数を調整します。コマが横にそれるときはマグネティックベースの傾きも調整します。
この作業の中で、一番難しいのは実はコマを綺麗に早く回すことでした。
さあ始めるぞと回した瞬間にコマが飛び上がってベースに激突、さっそく傷がつきました(涙
デザインが気にいって買ったのでこれ以上の傷はごめんです。
段ボールでベースをカバーし,手元にあったリモコンの裏をプレートの代わりにするというちょっと姑息な手段を駆使して四苦八苦すること2時間。やっと浮きました。
Pict4618

お疲れ様でした。
Pict4619

|

« Angel Beats!で思うこと | トップページ | 竹本先生イラストのカードゲーム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/539568/48275523

この記事へのトラックバック一覧です: 浮遊ゴマ/レビトロンで遊ぶ:

« Angel Beats!で思うこと | トップページ | 竹本先生イラストのカードゲーム »